大腸癌の最近のブログ記事

大腸癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)
52歳男性

平成18年3月、大腸がん(下行結腸がん)とのことで手術を受けました。本人の話では8時間かかり、約40センチ切除したそうです。しばらくは順調に推移してきましたが、1年後の平成19年5月になって肺に転移が見られると言われました。TS-1などの抗がん剤を行ってきたのですがあまり効果なく7月になると血痰が混じるようになり、9月には腹痛も出始めました。この頃はモルヒネを服用していました。家族に連れられてやっとの思いで、原宿クリニックに来院されました。
免疫リンパ球輸注を2週間ごとに4回施行。殆ど、腫瘍マーカーに変化無く、数値の上昇も下降もなかったのですが、活性Tリンパ球の増強が見られたことからさらに【リンパ球療法】の継続となりました。それと同時にこちらのお店で紹介された商品を休み無く朝晩1本ずつ飲用し始めました。リンパ球輸注は10/3、10/17,10/31,11/14に加えて、11/28、12/12,12/26、1/9、1/23、2/6、2/20、3/5と続きました。1月下旬よりセキが減ってきて血痰も出なくなっていました。手術した病院での肺のガンは消えたようだと言われてから腹痛もなくなって明るくなり、3ヶ月後に再度検査して経過を追う予定です。