子宮癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

58歳 女性

平成7年11月 副腎転移及び首のリンパ節転移・夏風邪の発熱が20日間位続き、生理のような不正出血があり婦人科を受診。子宮癌と言われ化学療法放射線治療後、MRI・CT等の検査をしたところ副腎とリンパ節転移を指摘されました。原宿クリニックの指示もあり、二週間おきに「リンパ球療法」と原宿クリニックの商品を一日に3本飲用して4ヵ月後に顕著な腫瘍マーカー減少があり、さらに通院して飲み続け平成8年8月には正常範囲内となりました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子宮癌

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.men-eki.jp/mt/mt-tb.cgi/30

コメントする