乳癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)
60歳女性

平成15年5月、乳がんと言われて慶應義塾大学病院で左乳房切除の手術を受けました。手術後、抗がん剤の点滴を開始。6クールの予定でしたが、体が苦しくて4クールで打ちきりとなりました。そこで別の療法を求めて玄米生食や断食療法の甲田医院を受診して生菜食や青汁療法を行っていました。
平成18年4月より左頚部リンパ節腫大を認め、放射線治療(コバルト照射)31回を東京医科大学病院で受けて軽快となったのですが、平成19年1月になって左胸骨部の肋骨周辺に転移が見つかりました。再度、放射線治療(コバルト照射)16回を行い、退院となりました。この頃から、漢方医の指導で、漢方薬と温熱療法などを行い、抗がん剤ゼローダの投与を受けていました。痛みも消失して、しばらくは快適に過ごしていたのですが、夏の終わり頃から徐々に腫瘍マーカー(Tumor marker)が上昇し始め、10月に上記漢方医の紹介で当院受診となりました。
2週間後の10月16日より2週間ごとに【リンパ球輸注療法】を行い、従来の漢方の治療に併せてこちらのお店で紹介された商品を朝晩1本ずつ飲用させて細胞性免疫能の強化を目指しました。約2ヶ月後の12月後半には、CD4/8比やNK活性が増強し、本人が明るくなり笑顔を見せるようになっていました。
本人は、すっかり明るくなり顔色も良く、病人とは思えないと友人からも言われると喜んでいます。現在の治療をもう少し継続して経過を診ていくつもりでいます。

大腸癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)
52歳男性

平成18年3月、大腸がん(下行結腸がん)とのことで手術を受けました。本人の話では8時間かかり、約40センチ切除したそうです。しばらくは順調に推移してきましたが、1年後の平成19年5月になって肺に転移が見られると言われました。TS-1などの抗がん剤を行ってきたのですがあまり効果なく7月になると血痰が混じるようになり、9月には腹痛も出始めました。この頃はモルヒネを服用していました。家族に連れられてやっとの思いで、原宿クリニックに来院されました。
免疫リンパ球輸注を2週間ごとに4回施行。殆ど、腫瘍マーカーに変化無く、数値の上昇も下降もなかったのですが、活性Tリンパ球の増強が見られたことからさらに【リンパ球療法】の継続となりました。それと同時にこちらのお店で紹介された商品を休み無く朝晩1本ずつ飲用し始めました。リンパ球輸注は10/3、10/17,10/31,11/14に加えて、11/28、12/12,12/26、1/9、1/23、2/6、2/20、3/5と続きました。1月下旬よりセキが減ってきて血痰も出なくなっていました。手術した病院での肺のガンは消えたようだと言われてから腹痛もなくなって明るくなり、3ヶ月後に再度検査して経過を追う予定です。

肺癌(腺がん)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
72歳男性

2007年7月に人間ドックにて、右中肺野(側胸部)の白くぼけた、小さな陰影を指摘され、大きな病院で再検査をしたところ、胸膜から陰影の向かって伸びる引き込み像(胸膜引き込み像)がみられ、気管支鏡検査、CT検査ほかの検査にて右中肺腺ガン(Adenocarcinoma)であることがわかりました。さらによく検査したところ、両肺肺内転移があり、上記の1、2もみられたことから本人・家族に告知し、Stage4であり、手術などの外科療法や、放射線療法の適応はなく化学療法である抗癌化学療法と、緩和治療が現実的な治療となる旨を話されました。本人は、病院に入院して抗がん剤(CDDP+DOC)治療を受け始めたのですが家族が、抗がん剤の副作用で衰弱していくのではないかと心配して、原宿クリニックに相談に来られました。9月になって、患者本人が病院の外出許可をもらって原宿クリニックに来院し、診察・検査を受けました。

腺ガンの指標であるCEAの異常高値はもちろん、未分化小細胞ガンのマーカーNSEや扁平上皮ガンのシフラの高値には驚きでした。
本人及び家族の強い希望があり、【免疫リンパ球療法】を9月19日より2週間ごとに4回(9/19、10/3,10/17,10/31)行いました。それとともに、からだの衰弱を防ぎ、抗がん剤の副作用を軽減することを願って、こちらのお店で紹介された商品を朝晩1本ずつ飲み続けました。お陰様で抗がん剤の副作用は思ったほど強くなく、5回目のリンパ球点滴輸注時(11/14)に上記項目を検査したところ、
CEA----101.0ng/ml NSE------12.9u/ml  シフラ------13.2ng/mlと驚くほど改善されていました。引き続き2クール目を11/14、11/28,12/12と行いました。12/26に2クール目のリンパ球輸注の最終回となる予定ですが、12/12日に原宿クリニックに来院したときに、血痰が出るわけでも呼吸が苦しいわけでもないので、俺はホントにガンなんですか?と冗談が出るほどでした。2クール目終了後の検査結果が楽しみです。

卵巣癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)
65歳女性

 平成17年の6月頃から、不正出血があり、近所の産婦人科受診し、治療を続けていたが、あまり変化が無く、そのうちお腹が張る感じが出てきたので、中央病院に変えて診察を受けた。精検の末、卵巣ガンといわれて手術となった。手術後のガン進行期分類では[IIc期]と言われ、シスプラチンを主体にその他の薬剤を加えた多剤療法で、4単位(1単位は4週間かかる。)抗がん剤(化学療法)を受けた。平成18年前半は比較的元気に過ごしてきたが、8月になってセキが続くようになり、何となく息苦しいような感じがあり、レントゲン(X線)を撮ったところカゲがあるとわかり入院。
そのうち、胸水がたまるようにいなって、平成18年10月待ちにはとうとう胸水3.0リットルを抜く状態となった。知人から原宿クリニックを紹介されて、11月21日受診。
その時の腫瘍(T・M)マーカーでは広範囲に異常が見られており、決して好ましい状態とは言えなかった。そこで従来の治療に加えて≪免疫リンパ球療法≫を行うことにして、3週間ごとに1クール(4回)の点滴輸注を行って、再度検査した。

1クール終了後の検査で、かなりの改善が見られ、中央病院でも「良好」と言われて本人は非常に明るくなっている。但し、家族は先生の前では元気ですが、気分にムラがあって心配ですという。私たちは、患者が「食欲がない」「口が渇く」などと言って困らせても、家族がいちいちオロオロしないでドンと構えて、力づけてくださいと話した。この病気は本人も家族も不安な気持ちがどこまでも先行するのかも知れない。あくまでも病気を克服巣するんだという気持ちが≪免疫能≫を増幅・増強するのだと私たちは考えている。

胸腺腫

| | コメント(0) | トラックバック(0)

26歳女性


縦隔腫瘍の中の胸腺腫と診断されて手術のために入院中にこちらのお店で紹介された商品の飲用により縮小したと思われる症例が出たので報告します。縦隔は、胸部(頸部と横隔膜の間)で左右の肺に挟まれ、脊椎骨と胸骨の間をいい、心臓および心臓に出入りする大動脈・大静脈、また気管・食道などの臓器があります。さらに迷走神経・交感神経などの大切な神経も縦隔を走行しています。ここに出来る腫瘍で頻度が高いのが、胸腺から発生する胸腺腫で、患者さんは石川県の方で、アライ病院、荒井先生のご報告です。


経過中急速に自然縮小し、興味ある経過を呈した胸腺腫の一例を経験したので報告する。症例は26歳女性。胸痛・右肩痛・発熱を主訴に当院を受診。胸部CTにて前縦隔腫瘍と右優位の両側胸水を認め入院となった。胸部CTでは10.5×7

5×4.0cm大の前縦隔腫瘍と判断された。胸部MRIでは、腫瘍はT1強調像でlowintensity、T2強調像で不均一にhigh  intensityを示し、腫瘍内部に隔壁状の濃染を認めた。CTガイド下に施行した針生検の所見か胸腺腫と考えられた。入院5日目のCTでは前縦隔腫瘍に著変はなかったが胸水は著明に増加していた。この頃からこちらのお店で紹介された商品(サプリメント)を1日2本(朝晩)飲み出した。入院14日目のCTでは前縦隔腫瘍は著明に縮小し、胸水も消失していた。15日間の入院中は微熱があったが、胸痛・肩痛の症状が軽快したためいったん退院となり、胸腺腫に対する外科的治療目的に再度当科受診となった。最初の入院から5週間後の胸部CTでは、6.5×3.2×2.0cm大と更に縮小していた。抗アセチルコリンレセプター抗体は陰性で、神経学的に重傷筋無力症の所見も認められなかった。こちらのお店で紹介された商品の飲用を続け、経過を追ったが胸腺腫は小さくなったが、無くならなかったので切除することとし、再入院から2ヶ月後に胸腺摘出術を行った。術中所見で胸膜播種は無く、胸腔洗浄細胞診も陰性であった。病理所見で腫瘍はWHO type B2の胸腺腫で 胞変性、出血、ヘモジデロン沈着が散見された。軽度の周囲脂肪織への浸潤を認め、正岡II期と診断した。

自然縮小の幾序としては、胸腺腫および背景の胸腺の出血・壊死・ 胞変性の関与が考えられた。術後経過は良好で外来にて経過観察中である。異常、興味ある経過を呈した胸腺腫について報告する。


この患者は胸腺腫がこちらのお店で紹介された商品の飲用で小さくなり、縮小した腫瘍を切除した症例です。手術のときにやっかいな胸膜播種がなく胸腺腫瘍の壊死が考えられるケースです。さらに飲み続けることで、胸腺腫が完全になくなる可能性もあったかもしれませんが、腫瘍が小さくなったところで切除して完全治癒を目指したものです。一応経過は追ってゆきますが、まず再発は無いと考えています。


前立腺癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

78歳 男性

2005年9月小水が出にくくなり、いきんだ時に潜血があったことから、近くの病院を受診しました。前立腺癌と指摘され、大手病院で手術と抗がん剤による治療を言われたが免疫療法を希望して原宿クリニックを訪問しました。四週に一回の「免疫リンパ球療法」を四回と原宿クリニックの商品を朝晩1本ずつ1日2回を休まず飲み続けました。検査の結果、前立腺特異抗原(PSA)は改善し、フエリチン値も低下しています。頻尿・乏尿もなく、今では気持ちよくでるようになっています。

乳癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

43歳 女性

2005年9月乳癌と言われて切除手術を受けホルモン療法を受けました。14ヵ月後の2006年11月に右乳房とリンパ節転移を告げられました。2006年12月より「免疫リンパ療法」とこちらのお店で紹介された商品を定期的に続けて2007年12月には手術を受けた病院で「免疫力」が増強されて癌が軽減された稀有な例といわれました。今もすこぶる元気に過ごしており、こちらのお店で紹介された商品は朝晩飲み続けています。

子宮癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

58歳 女性

平成7年11月 副腎転移及び首のリンパ節転移・夏風邪の発熱が20日間位続き、生理のような不正出血があり婦人科を受診。子宮癌と言われ化学療法放射線治療後、MRI・CT等の検査をしたところ副腎とリンパ節転移を指摘されました。原宿クリニックの指示もあり、二週間おきに「リンパ球療法」と原宿クリニックの商品を一日に3本飲用して4ヵ月後に顕著な腫瘍マーカー減少があり、さらに通院して飲み続け平成8年8月には正常範囲内となりました。

胃癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

70歳 男性

見えるところを手術で取り除き退院後こちらのお店で紹介された商品を飲み続け一年後の検査で異常なし。寝込むことなく元気で趣味と散歩で良好です。

皮膚癌

| | コメント(0) | トラックバック(0)

70歳 女性

北大病院で治療の施しようが無いと言われこちらのお店で紹介された商品に賭け、飲み続けて一年。皮膚も綺麗になり、海外旅行へ行くほど元気になり嬉しい。命の水と感謝しています。