絵で解説!免疫のお話

免疫って、なんだか難しそう…と思っている方も多いのではないでしょうか、このコンテンツではイラストを交えてわかりやすくご紹介します。

絵で解説!免疫のお話:目次

1
免疫ってな~に?
免疫とはよく耳にしますが、いったいどんなものなのでしょうか? ここでは免疫をテーマにご説明しています。免疫とは体内に侵入したウィルスや毒物、体内で発生した異常な細胞を食べたり分解して排除したり、異物の成長を阻害抑制することをいう。
免疫ってな~に? 免疫ってな~に?
自然免疫・獲得免疫
免疫は、主に血液中の白血球がその役割を担っています。このため、白血球は「免疫細胞」ともよばれています。免疫細胞にはたくさんの種類があって、働き方の違いから大きく2つに分類されています。自然免疫と獲得免疫です。主として自然免疫は体の外から入って来た敵に対応する免疫で、獲得免疫は体の内で派生したり、自然免疫で対応できず体内で活動する敵に対して防御排除及び成長を抑制する免疫である。
自然免疫・獲得免疫 自然免疫・獲得免疫
白血球は免疫細胞
免疫を司るの白血球です。白血球には単球(マクロファージ)、顆粒球(好中球)、リンパ球などの種類があり、さらにその中に様々な免疫細胞がいます。ここではその働きについてご説明します。
白血球は免疫細胞 白血球は免疫細胞 白血球は免疫細胞
自律神経と免疫の関係
白血球と自律神経は深い関係にあります。免疫を司る白血球もまた、自律神経の支配を受けているのです。
自律神経と免疫の関係 自律神経と免疫の関係 自律神経と免疫の関係