絵で解説!免税のお話

自然免疫・獲得免疫

免疫とはウィルスや病原菌、細菌などの外敵が私たちの身体に侵入してきた時にそれらから身体を守る働き(抵抗する力)をいいます。免疫というと形のないものを想像されるかもしれませんが、主に血液中の白血球がその役割を担っています。
血液中成分は主に、赤血球、白血球、血小板などがあります。
赤血球は酸素や栄養を体の細胞に運ぶ役割をします。血小板は血液を固まりやすくする成分で、血管を修復したり、けがをしたときのかさぶたになったりします。

そして、白血球は、外敵、(細菌・ウィルスなど)が体内に侵入してくるとこれを攻撃し、身体を病気などから守ってくれます。このように白血球は免疫の主役なのです。このため、白血球は「免疫細胞」ともよばれています。
白血球は体内にはりめぐらされたリンパ管や血管の内を循環し、外敵が体内に潜んでいないかどうか常にパトロールしてくれているのです。
自然免疫と獲得免疫
免疫細胞にはたくさんの種類があって、働き方の違いから大きく2つに分類されています。自然免疫と獲得免疫です。

自然免疫とは、私たちが生まれつき”自然に”備わっている免疫で、ウイルスや細菌など異物の侵入に反応して、即座に攻撃をくわえます。普通のカゼ・ウイルスや、弱い細菌などは、この自然免疫だけで排除することができます。侵略者に対して、いち早く対応するのがこの自然免疫です。

獲得免疫は、生まれた後に後天的に”獲得”する免疫で、自然免疫だけで排除できなかったときが出番です。攻撃目標となる抗原の情報を獲得して、学習し、 適応するため、「獲得免疫」と呼ばれます。 体内に入ってきた異物を無差別に攻撃する自然免疫に比べ、攻撃目標を集中攻撃する能力があります。

このように免疫細胞は自然免疫と獲得免疫が協力し合いウィルスや病原菌、細菌との攻防を繰り広げているのです。

お問い合わせ・ご相談

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自然免疫・獲得免疫

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.men-eki.jp/mt/mt-tb.cgi/18