絵で解説!免税のお話

白血球は免疫細胞

免疫を司るのは血液で、その中心となるのが骨髄で生成される白血球です。白血球には単球(マクロファージ)、顆粒球(好中球)、リンパ球などの種類があり、健康な状態のときはマクロファージ5%・顆粒球60%・リンパ球35%の割合と言われています。
「顆粒球」は体内に入った細菌を食べて体を細菌から守ります。 「マクロファージ」も外敵から体を守る働きをもち、外敵の侵入を顆粒球やリンパ球に伝達する働きをします。

そして「リンパ球」は「顆粒球」や「マクロファージ」が処理できない外敵から体を守る働きを持ちます。リンパ球は免疫を司る働きがあり、顆粒球とリンパ球の割合は、自律神経のバランスによって常に変動します。免疫とは、これら3つの免疫細胞が連携しバランスを保ちながら正常に働くことで機能するのです。
B細胞、T細胞、NK細胞
リンパ球の免疫細胞にも種類があり、大きく分けるとB細胞、T細胞、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)等があります。それぞれが異なる働きをします。


T細胞」は感染した細胞を見つけて排除する働きを持ち、それぞれ司令塔、殺し屋、ストッパーの役割を持つ免疫細胞です。

ヘルパーT細胞は免疫の司令塔役。マクロファージから病原菌(抗原)の情報を受け、B細胞に抗体を作るよう指令を出し、抗体を作る働きを助けます。

キラーT細胞はヘルパーT細胞から指令があると、感染した細胞を殺す殺し屋の役目。

サプレッサーT細胞はストッパー役。過剰な攻撃を抑制したり、キラーT細胞の攻撃を終了に導く働きをします。

T細胞は胸腺という臓器でつくられます。胸腺は心臓の前、上方に位置し二葉からなる小さな器官で、ヒトの場合は子供の頃に一番大きくなり、思春期以後年齢とともに小さくなっていきます。T細胞のTは胸腺Thymus(サイマス)のTです

B細胞」は血流にのって全身をパトロールし、病原体を発見すると捕まえて食べて分解し、T細胞の指令により抗体を生産しその抗体を使って外敵を無毒化する働きをもちます。

NK(ナチュラルキラー)細胞」は体内を常に巡回しながら、がん細胞やウ イルス感染細胞などを発見すると、独自の判断で単独で死滅させます。文字通り生まれついての殺し屋で、殺傷力が高いといわれています。しかし、このNK細胞はストレスによって活性が弱まるという性質があるので、過大なストレスによりこのNK細 胞の数が減ったりすると、ガンにかかりやすくなったり、ガンが成長したりすることがあります。
笑顔でNK(ナチュラルキラー)細胞活性!?
ストレスによりNK細胞の数が減るといいましたが、この逆で、笑うとNK細胞の活性値が上昇した、実験結果が出ているようです。ストレスをためずに良く笑い、明るい生活をおくると、でNK細胞の活性が高まり、免疫力が上がるのです!

お問い合わせ・ご相談

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 白血球は免疫細胞

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.men-eki.jp/mt/mt-tb.cgi/17