絵で解説!免税のお話

自律神経と免疫の関係

私たちの身体には自分の意志とは関係なく、無意識のうちにはたらいている神経があります。これは『自律神経』の働きなのです。

手や足を動かそうとするとき、人は意識をしてそれらを動かします。しかし心臓や胃腸は、あなたが動かそうと意識しなくとも動いてくれています。私たちは意識をしなくても呼吸をしたり、汗をかいて体温を維持したりしています。これは自律神経が心臓や胃腸を自動的に動かしてくれているからなのです。

この『自律神経』には“交感神経”と“副交感神経”があります。

交感神経は昼間、活動的なときに活躍する神経といわれており、別名『昼の神経』といわれています。興奮、恐怖、緊張などの刺激に対しても働きます。
逆に、副交感神経は別名『夜の神経』と呼ばれ、寝ている時やリラックスしている時の神経です。体を緊張から解きほぐし、リラックスさせるように働きます。

自律神経は、この交感神経と副交感神経が状況に応じて反応し、お互い切り替わりながらバランスをとって各器官の働きをコントロールしているのです。

例えば、何かにびっくりして、交感神経が血管を収縮させたり、心臓の拍動を増加させるのに対し、副交感神経は血管を拡張させ、心臓の拍動を制御し、落ち着かせるといった具合に状況に応じて働きをコントロールするのです。
いわばアクセル(交感神経)とブレーキ(副交感神経)の関係といえるでしょう。自律神経失調症とはこの2つのバランスがうまく取れなくなっている状態をいいます。



実はこの白血球と自律神経は深い関係にあります。免疫を司る白血球もまた、自律神経の支配を受けているのです。 白血球には顆粒球、リンパ球、マクロファージなどがありますが、顆粒球は主に交感神経支配を受けて活性化し、逆にリンパ球が副交感神経支配を受けて活性化しています。 自律神経失調症の人の血液を調べると、顆粒球が増加し、リンパ球が減少していることが判ります。
これはストレスなどにより交感神経が活動しすぎる(優位になる)と、顆粒球の数が増え、相対的にリンパ球が減少します。白血球がバランスを崩し顕粒球とリンパ球が間違った行動を起こします。また、ウィルスなどに抵抗する力があるリンパ球が減少すると様々な病気にかかりやすくなります。

逆にリラックスしているときに活動する副交感神経がが活動しすぎる(優位になる)とどうでしょうか、「リラックスしているのだからいいのでは?」と思われるかもしれませんが、そうではないのです。もちろん適度なリラックス状態であれば、身体にとっても健康的です。しかし過度になると... リンパ球が過剰になり、抗原に対して過剰に反応してしまい、アレルギー、花粉症、アトピーなどの病気を引き起こす可能性があります。
人はお腹が満たされとき、甘いものなどを食べたときなど副交感神経が働きます。これを食べ過ぎると副交感神経が優位になりすぎて、アレルギーなどを引き起こすのです。ストレスの持ちすぎ、リラックスのしすぎはダメ。

免疫システムの中心の白血球ですが、その数や働きは自律神経のバランス状態によります。交感神経と副交感神経がどちらか一方に偏らないようにすることが免疫力を高めることにつながるのです。

お問い合わせ・ご相談

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自律神経と免疫の関係

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.men-eki.jp/mt/mt-tb.cgi/16